女性化乳房を筋トレで治そうとしてみた

体重が増えたから胸にも脂肪がついたのだと思っていた

胸の脂肪を取るならコチラプロホルモンの効果と副作用 | 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

体重が増えたから胸にも脂肪がついたのだと思っていた筋トレではあまり効果がない

まだ大学に入学したばかりの頃、ちょっと胸が痛むように感じて触ってみると胸がちょっと大きくなったような感じがしたのですが、女性のようなきれいな形の胸ではなく、太った男性の胸にだらしなく脂肪がついて垂れているという感じだったので、初めは女性化乳房だともまったく考えず、大学に入学して高校よりもルーズな生活になってしまっていたから体重が増えて胸に脂肪がついてしまったんだと考えて筋トレをすることにしました。
しかし、筋トレを2ヵ月続けて体重も減り、胸以外の部分には筋肉がつくいたのに、胸は相変わらず垂れたままでこれはおかしいと思って改めて胸を触ってみると何だかしこりのような固いものができていて、これは乳がんかもしれないと大変ショックを受けました。
でも、その後すぐにインターネットで自分と同じ症状について調べ、乳がんではなく女性化乳房の可能性が高いと考えるようになりました。
しかし、そこまで分かってもおそらく女性の患者ばかりであろう乳腺外科に行くのは恥ずかしく、インターネットに女性化乳房を筋トレで治した事例というのも載っていたので、やっぱり筋トレが足りないのだと思うことにして、さらに1ヵ月胸筋を鍛えるトレーニングばかりを毎日頑張ったのですが、胸の膨らみがなくならないばかりか痛みも強くなってきてしまい、泣く泣く乳腺外来を受診することにしました。
思った通り女性ばかりの病院で小さくなりながら診察室に通されるのを待ち、女性看護師さんから見られながらのすごく痛い触診とエコー検査に耐えると、診察結果はやはり女性化乳房ということでした。
ところが、そんな恥ずかしい思いをして、痛みに耐えて診察を受けたのに治療はせずに自然治癒でいいと言われて愕然としました。